コース紹介

ホール選択

Course Design コース設計

三方を丹波の山にかこまれた当クラブは、「自然と人間の調和」をテーマに、もともとの地形の傾斜や樹齢80年を超える木々が残る林間コースとなっています。「コースは師であり、名コースが名プレイヤーを生む」といわれるように、技術のある人がその技術を余すことなく発揮できるよう設計されています。各ホールは原生する杉や桧で区切られており、ショットの正確性が要求されます。フェアウェイやグリーンは比較的広いものの、地形本来の高低差やアンジュレーションがそのまま活かされているので、コース毎にまったく異なる雰囲気と特徴が楽しめます。

当コースは比較的難しいと言われることもありますが、17番ホール以外はすべて花道が用意されており、その花道を進んでいければ、大きくスコアを崩すことはありません。初心者、中級者でも存分にお楽しみいただけます。
また「欧米型のプライベートクラブ」をコンセプトにしていることも特徴の一つです。1番からのワンウェイ・スループレーが原則。キャディバッグはクラブハウスを通さないなど、ゴルフ本来のあり方や楽しみ方を尊重したプレー環境が整っています。

コース設計者プロフィール

ゴルフ場設計家・ゴルフ評論家大西久光氏

1937年、兵庫県西宮市生まれ。1959年、日本ダンロップ(現住友ゴム工業(株))入社。ゴルフトーナメントプロデューサーとして活躍するなかで、本格的にゴルフ場設計にも取り組む。
(株)ダンロップスポーツエンタープライズ退任後は、(株)ターゲットパートナーを設立。
現在、(株)サイプレスクラブ代表取締役社長。日本ゴルフコース設計者協会名誉理事。

Explanation 各ホール開設

アウトコースは1番、2番、6番がアップヒルで、全体的に高低差を感じるホールが多く、飛距離よりも正確なティーショットがスコアメイクの鍵。インコースではほとんどがフラットで、13番ホールから続くPar4をいかに切り抜けるかがポイントとなります。

map
course1 course2 course3 course4 course5 course6 course7 course8 course9 course10 course11 course12 course13 course14 course15 course16 course17 course18

OUT Course

  • course1
  • course2
  • course3
  • course4
  • course5
  • course6
  • course7
  • course8
  • course9

IN Course

  • course10
  • course11
  • course12
  • course13
  • course14
  • course15
  • course16
  • course17
  • course18
ホール選択